よくある質問

よくある質問FAQ

デジカメのRawデータは受けつけて頂けますか?

写真について

デジカメのRawデータは受けつけて頂けますか?

デジカメのRawデータ入稿はお断りしています。JPEG・Tiff・PSDなど一般的な画像形式でお願いします。

写真の色補正は行なってもらえますか?

はい、弊社にお任せください。

写真は撮りっぱなしのJPEGデータを入稿できますか?

はい、弊社にお任せください。色補正と印刷用CMYKモード変換を弊社がさせて頂きます。

自分で写真の色補正を行いたいのですがどうすれば良いでしょうか?

色評価用モニターをお使いであれば印刷の色をある程度予測できます。モニターの設定を日本のオフセット印刷で一般的な「5000k、ガンマ1.8、80cd」にしてください。弊社も同様の設定で刷り上がりの色をシミュレーションしています。カラーモードはRGBのままで構いませんがCMYKの色域から外れる色は変化します。厳密に色を合せたいのであればJapan Color 2001Coatedを使用しモード変換を行ってください。その場合、写真データを入稿する際に「色補正不要」とお伝え下さい。

sRGBとAdobe RGB、どちらで撮影された方が良いでしょうか?

品質重視で言えばAdobe RGBなのですがRGBに比べCMYKの色域が狭いためあまり違いはでません。弊社はどちらでも構いませんが写真館様として利便性が高いsRGBが良いと思います。Photoshop等で再保存する際はカラープロファイル(カラータグ)を必ず付けて保存してください。

写真のトリミング指示はどの様に行なえばよいでしょうか?

写真データの入稿時にインデックス紙(またはPDF)の添付をお願いしています。そこに指示を下さい。

集合写真への入れ込み合成・不要物消しなどの画像修整はやってもらえますか?

常識の範囲なら有料でお受けできます。入れ込み合成などは具体的な場所や人物の大きさを指定してください。入れ込む人の身長などは弊社では分かりません。校正時に身長の修整が増えています。

写真プリントでも入稿できますか?

はい、できます。しかし写真データからの方が綺麗に仕上がります。どちらでも可能な場合はデータ入稿を推奨します。写真プリントはプリント方式が多様化しています。方式によっては綺麗に印刷できません。
プリントの裏面にメモ書きをする場合、注意が必要です。水性・油性マジックで大きく書くと写真プリントを重ねた時に写真面にマジックが付着し取れなくなります。裏面に文字を書く場合一番良い方法は、ボールペンを使用し写真の隅に書いてください。その際は力を入れ過ぎずに書くことが重要です。力を入れますと写真プリントが凹みスキャニング時に文字が浮き上がってきます。